三嶽 壱




「まさか天使相手に 人類の未来をかけて戦うことになるとはね」

[怪異研究者]
三嶽 壱
みたけ いち

三嶽(みたけ)怪異研究所の所長。霊感が強く、怪奇的な事件に巻きこまれることが多い。
自身の内側に満ちた怪異たちから解放され『安心して死ぬ』ために怪異の研究をしている。いつも寝起きのような表情をしており、事実、だいたいがいつも寝起きである。
Name ◇ Mitake Ichi
誕生日 ◇ 1月8日
すきなもの ◇ 山
にがてなもの ◇ 海
特技 ◇ フダを用いた符呪
自分や相手の呼びかた: 僕、藤丸、イスズ君(きみ)、調月警部
登場する漫画: 怪しの奇譚

登場する小説: あやしの番外編小説
登場するゲーム・そのほか: n番目の試作品「スズ」(2018年4月1日のロジカリズム)
いただいたOFUSE:

九日 五十鈴




「つまり……藤丸くんってすっごいおじいちゃんってこと?」

[怪異研究助手]
九日 五十鈴
このか いすず

三嶽怪異研究所で三嶽の助手をしている少女。
怪異や怪奇現象に興味津々だが本人には霊感がないため、研究所を訪れるまでは怪異の類を目にすることはできなかった。 三嶽の妹・百華が宿った指輪を身につけるようになってからは、すこしずつ怪異が見え始めているらしい。
Name ◇ Konoka Isuzu
誕生日 ◇ 2月11日
すきなもの ◇ 怪奇現象
にがてなもの ◇ トマト
もちもの ◇ 百華の指輪
自分や相手の呼びかた: 私、ミタケ先生、藤丸くん、シルシくん、ウルさん
登場する漫画: 怪しの奇譚

登場するゲーム・そのほか: n番目の試作品「スズ」(2018年4月1日のロジカリズム)

藤丸




「……ミタケさまがそれでいいなら 私はかまいませんが……」

[化け狐]
藤丸
ふじまる

いつも三嶽のそばに控えているキツネ。三嶽に対して絶対の忠誠と誓い、また信頼を寄せている。
かつては小さな社(やしろ)の神さまを守る守護獣、「神使(しんし)」だった。神さまが消滅してからは同じく神使だった「射干丸」と別れ、長い年月をひとりで過ごしていた。
Name ◇ Fujimaru
体高(キツネ) ◇ 57㎝
誕生日 ◇ 5月8日
すきなもの ◇ あぶらあげ
にがてなもの ◇ 狼
特技 ◇ 変化の術、体術
自分や相手の呼びかた: 私、ミタケさま、イスズさん、ウルさま
登場する漫画: 怪しの奇譚
登場する小説: あやしの番外編小説
いただいたごちそう:
いただいたOFUSE:

シルシ




「人間は 子どものすがたに弱いと聞いたので。」

[怪異研究助手]
シルシ

ある日、とつぜん三嶽たちのまえに現れ、なかば強引に三嶽の助手になった少年。
五十鈴を含め人間たちに対してなにか思うことがあるようだが、彼の真意は謎に包まれている。 物腰は丁寧だが怪異に対する攻撃は容赦なく、怪異の存在そのものを一瞬で抹消させてしまうほどの強力な魔法を使う。
Name ◇ Shirushi
誕生日 ◇ 11月18日
すきなもの ◇ イスズおねえちゃん
にがてなもの ◇ 特になし
特技 ◇ 天使魔法「キリエ」
自分や相手の呼びかた: ぼく、あなた、ミタケ先生、イスズおねえちゃん
登場する漫画: 怪しの奇譚

いただいたごちそう: