依頼(c)
----------

「いやー、まさか探偵さんとは! いやあ、はは、勘ちがいしてスイマセン!」

すまなそうに、しかしそれ以上におかしそうに笑ったのは、倉永直と名乗る男だった。
倉永はラフな服装をしている割に、小ぎれいでしゃれっ気もある。
学生だと言われてもふしぎに感じないほどに若々しいこの男は、これで二十八歳だという。

「俺、葵さんのお宅にはよくお邪魔するんスよ。
俺は庭師をやっているんですがね、千代さん……葵さんの奥さんが熱心な人でして」

倉永はそう話しながら、深神に勝手についてきた。
深神はそんな倉永にたずねる。

「失礼ですが、ご結婚はされているので?」
「え? いえ、このとおり、独身ッスよ」

倉永は深神の唐突な質問におどろきながらも、
指輪をはめていない自分の左手の薬指を深神に見せた。

「まだまだこれからだ! ……なーんて思っている内に、あっという間にこんな年齢ッスよ。
しかしまたとつぜん、なんでそんなことを聞くんスか?」
「いえ、職業柄、いろんなことに興味を持ってしまう性質でしてね」
「ああ、なるほど! そういうの、なんかいいっスね!」

倉永は笑うと、大げさに胸をなでおろした。

「はー。てっきり、探偵さんは俺に気があるのかと思っちゃいましたよ!」
「ははは。少し前なら考えたかもしれませんが」
「アハハ……、んっ? ちょ、ちょっと、それってどういう」
「あいにく、助手はすでにいるものでね」
「あ、ああ、そういう意味か……」

深神は次に、倉永に手をつながれて歩いている萌乃を見た。

「萌乃お嬢さんはずいぶん、おとなしいですね」

倉永は、深神の話題がころころ変わることに困惑しながらも、一応うなずいた。

「あんな事件の後ッスからねえ……、以前はもっと元気な子だったんスよ。
だから、今の沈んだ萌乃ちゃんを見ていると、ほんとうに可哀想ッス……。
……しかし、探偵さんを呼ぶなんて、あの事件は自殺じゃあなかったんスか?」
「いえ、その"事件"とやらの話は、一切うかがっていません。自殺というのは?」

倉永はため息を吐いた。

「萌乃ちゃんのお父さんのことッスよ。物静かで優しい人だったんスけれど……
って、ああ……ッ! ご、ごめんよ、萌乃ちゃん!」

今は亡き父親の話題が出たからだろう、うつむいてしまった萌乃を、倉永があわててなだめた。

「こんな話、子どもの前でするもんじゃなかったっスね」
「私も軽率だった。すまなかった、萌乃ちゃん」

深神が頭を下げると、萌乃はふるふると首を横にふった。

「だいじょうぶ。……私のお父さんは、お星さまになっただけだから」

そしてまた顔を上げると、まっすぐと前を向く。
その瞳に涙はないが、表情もなかった。

(ふむ……)

萌乃のその様子に、深神は出会ったばかりの頃のハルカの姿を思い出していた。



<<前のページ  【夕陽色に染まる謎刻】にもどる  次のページ>>