ジニア王国(しずくの国)

でも、ぼくならこの森を抜けられる、という確信があった。



[ジニア国第三王子]
リケ
Riquet

ジニア国の第三王子。
雨水に触れるとカエルになってしまう体質から、事情を知る者からは「みにくい王子」と蔑(さげす)まれて育ってきた。
ある日、国王の命令を受けて、侵入者を拒むといわれる「ライナスの森」に向かうが……

年齢 ◇ 10歳
すきなもの ◇ こけ
にがてなもの ◇ 雨水
モチーフ ◇ 巻き毛のリケ、かえるの王さま




【称】
ぼく、父上、ロロ兄さま、モモ兄さま

【画】しずくの(しずくの国のリケ)

「クローバー王国と、全面戦争だ。」



[ジニア国第一王子]
ロジェ
Roger

ジニア国の第一王子。家族内の愛称は「ロロ」。現在は父である国王に代わって国を治めている。
生まれた時に妖精リラの「祝福」を受けたため、「どんな願いでも叶うちから」を扱うことができる。また、年の離れた弟のリケのことを溺愛している。

すきなもの ◇ 家族
にがてなもの ◇ クローバー国
モチーフ ◇ なでしこ(グリム童話)




【称】
私、モモ、リケ

【画】しずくの

「……やっぱり雨が続いていたのは、リケのあの能力の副作用だったんじゃあないかな……」



[ジニア国第二王子]
モリス
Maurice

ジニア国の第二王子。家族内の愛称は「モモ」。
兄であるロジェのことを尊敬しているものの、ときに突拍子もないことをしでかすロジェに頭を悩ませている。
家族には秘密にしているものの、雨雲を発生させる魔法を扱うことができる。

すきなもの ◇ ジニア国
にがてなもの ◇ ジニア国民の憂(うれ)い
モチーフ ◇ 幸福な王子




【称】
僕、ロロ、リケ

【画】しずくの

「あらぁ、モモちゃん! わるいことはできないわねぇ……?」



[ジニア国顧問魔法使い]
リラ
Lilac

ジニア王国の顧問魔法使い。ロジェに物怖じせず言いたいことを言う、数少ない人物のひとりである。
その正体は序列第一位の妖精・リラであり、面白半分でロロに「祝福」のちからを授ける。

すきなもの ◇ 人間
にがてなもの ◇ 虫
モチーフ ◇ 眠れる森の美女




【称】
私、ロロちゃん、モモちゃん、イヌッコ

【画】しずくの

「とりあえず両腕を折って、喉もつぶしておくか」



[料理番]
クロイヌ
Kuroinu

もとは他国からやってきた料理番だったが、ロジェに気に入られ兵として鍛えられた。 そのあと、若くして将校にまでのぼりつめる。
敵とあらば女子供だろうと容赦はなく、相手の息の根を止めることにもためらいはない。

すきなもの ◇ たまご焼き
にがてなもの ◇ 煙
モチーフ ◇ なでしこ(グリム童話)




【称】
俺、獣の坊ちゃん

【画】しずくの

「な、なんですかこれ! からだが重くて飛べないです……!」



[召使い]
リュビ
Ruby

もとはツバメだったが、リラの魔法により人間のすがたに変えられてしまった男の子。
モリスのことを慕っており、彼の命を受けて隣国に潜入したリケのようすを監視していた。

すきなもの ◇ モリスさま
にがてなもの ◇ ネコさん
モチーフ ◇ 幸福な王子




【称】
ぼく、モリスさま、サニーさん

【画】しずくの

【ふしぎの国】>>

【しずくの住民】にもどる
【ロジカリズム】にもどる